サラブレイスはおかげさまで15周年を迎えました

更新日:2021年10月20日




おかげさまでサラブレイスは15周年を迎えました。




2006年10月、株式会社サラ・ブレイス設立と同時に東京蔵前にファクトリーブランドとして誕生した「サラブレイス」

これまでイタリアバタラッシー・カルロ社のブッテーロやミネルバボックスの革を使用したバッグや財布をはじめ、日本の革はもちろん、企画ごとに様々な素材で作られた人気のバケットバッグを多数製作し、クロコダイルやパイソンなどのエキゾチックレザーを用いた革小物をお届けして参りました。

そして今月10月18日、サラブレイスは15周年を迎えることが出来ました。


これまでを振り返るとー




Original

ファクトリーブランド「サラブレイス」オープン当初より人気の高いバケットバッグは、季節や企画によりその色や素材などを様々に変え、和洋のコーディネートを問わず、通販・ポップアップでも、今やブランドの顔となる商品へと成長いたしました。




Universal

サラブレイス では、ブランド発足当初より、余計なものが削ぎ落とされ、素材の魅力や機能がそのままの美として伝わるような、デザインされ過ぎていない「普遍的なものづくり」ユニバーサルチャームを意識してきました。




Sustainable

そして毛皮、エコファーの使用や着物帯、デニム、デッドストック素材などのアップサイクルやリメイク等にも力を入れて、環境問題に取り組んでいます。

また、ファクトリーOEMでは、縫製や強度など、作りの面からサポートすることで、ロングライフの観点から環境負荷軽減のお手伝いをして来ました。




NewNormal

予期せぬ世界の停滞の中、2019年3月の段階で私たちはマスクを販売することを決め、現在まで延べ160万枚以上のマスクを生産。マスク不足で一番必要とされていた時期に、その一部を医療関係者や公共機関、学校やご近所などに寄付して参りました。


ー15年に感謝を込めてー


数々の発見と歓びと困難を乗り越え、15年の長きに渡る皆さまのサポートに、心より感謝申し上げます。


そして、日本のファッションにおける皮革産業の発展と、地元・地域の皆さまに愛される蔵前エリアを一緒に、より一層盛り上げていきたいと願い、今後とも活動してまいります。

これからも「サラブレイス」に変わらぬご愛顧の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

サラブレイス一同


閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示